モートゥオセスジ♂34ミリ♀フリー成虫ペア[NO.1]

motuoensis341
motuoensis341
motuoensis341
motuoensis341
商品番号:motuoensis341

モートゥオセスジ♂34ミリ♀フリー成虫ペア[NO.1]

モートゥオセスジ♂34ミリ♀フリー成虫ペア
在庫状態 : 売り切れ
¥190,000(税別)

(税込¥209,000)

sold out

学名: Digonophorus motuoensis wuchiae
産地: チベット Linzhi
♂  : 全長34.0ミリ 2020.7月羽化 WF1
♀  : 全長freesize   2020.7月羽化 WF1

*付属:販売証明書


新亜種wuchiae(ウチ)として記載されたばかりのモォートゥオセスジのWF1新成虫ペアです。
↑チベット産をウチと記載しておりましたが、チベット産は原名亜種の間違いでした。
月刊むし588号を参照にした際、チベット産=ウチと捉えてしまった為、誤った記載をしてしまいました。(チベット産のモートゥオセスジという事は間違いが有りません)
お客様には大変ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんがチベット産=原名亜種と訂正させて頂きたいと思います。
尚、ご購入頂いたお客様には事情を説明し、お渡しした証明書も訂正して再発行させて頂きます。
今後、このような間違いが無い様に十分注意させて頂きます。

皆様ご存じの様に、セスジクワガタはマニアの中でも根強い人気がありますが、様々な事情でなかなか市場に出てこない珍品です。

今回運よく4ペア揃いましたが、入手が難しいのも本種の特徴かと思います。

WD♀持腹からのWF1ペアで累代も浅く、安心してブリードお楽しみ頂けそうです。

♂♀共に今年の7月羽化ですが、秋口から活動する個体と、そのまま越冬する個体が出てきます。

本格的に活動するようであれば秋口セットでも宜しいかと思いますが、長寿な種ですので個人的には越冬させて来春ブリードが宜しいかと思います。

産卵材や幼虫飼育用のマット等、ブリードについてはわかる範囲でお伝えします。